ラジコン(MRX・ハチイチレーシング)

メイン&最新情報
カテゴリ
ガンメタ7ワールド
マニアックでディープな世界/一覧 (297)



キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

≪スペシャル≫
トゥインゴな日々
カレッツァ 応援作戦
Driving High
NO ThreeS NO Life
SGB
ブログパーツ

2018年1月
 
20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

新着エントリ
MRX5 (11/8)
BMWZ4の部屋 (12/20)
CLX (11/10)
久しぶりの更新っす (11/10)
スリック路面のテスト (5/20)
CLXシェイクダウンテスト (5/13)
いよいよCLX入手 (5/10)
レース行ってきました (5/10)
ちょwwwこれはwww (5/1)
関東選手権兼全日本関東予選 (4/24)
CLX IN ポルトガル選手権 (4/17)
CLX IN TAIWAN (4/14)
2009年上海金山第3戦 (4/12)
相模湖レジャーフォレスト (4/12)
Silver state 情報 (4/11)
CLX続報C (4/6)
ムゲンカップ第2戦 (4/6)
とうとうオフィシャルサイトにも・・・CLX (3/21)
GS CLX 続報B (3/20)
エンジンならし (3/16)
2009年上海金山第2戦 (2/20)
フューエルガン三兄弟♪ (2/7)
GS CLX 続報A (2/6)
GS CLX 続報 (2/5)
GS STORM CLX 公開 (2/5)
日本へ遠征 (2/4)
面白いものA (1/24)
面白いもの@ (1/22)
松江でバギー (1/19)

新着トラックバック/コメント

リンク
≪ラジコン≫
PRO-SHOP FUTABA
toyracing
リュウノスケRCブログ
RCレース日記
one or eight
Space Time Factory
RC FANS(中国語)

アーカイブ
2004年 (37)
7月 (13)
8月 (9)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (8)
12月 (3)
2005年 (76)
1月 (2)
2月 (14)
3月 (5)
4月 (2)
5月 (4)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (17)
10月 (11)
11月 (8)
12月 (6)
2006年 (109)
1月 (9)
2月 (6)
3月 (14)
4月 (3)
5月 (27)
6月 (5)
7月 (7)
8月 (5)
9月 (4)
10月 (8)
11月 (18)
12月 (3)
2007年 (23)
1月 (8)
2月 (1)
3月 (2)
4月 (1)
5月 (2)
7月 (1)
9月 (1)
10月 (1)
11月 (3)
12月 (3)
2008年 (11)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (1)
9月 (1)
12月 (3)
2009年 (40)
1月 (15)
2月 (6)
3月 (3)
4月 (8)
5月 (5)
11月 (2)
12月 (1)
2010年 (1)
11月 (1)


アクセスカウンタ
今日:11
昨日:87
累計:1,021,335


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2006年01月12日(Thu)▲ページの先頭へ
ボディカラーに悩むのじゃ(ハチイチ MRX)

2006のラジコンレースもそろそろ開幕だけど、
肝心なものが決まってない。


それはカラーリング (^^


今までのシューミーカラーも定着してるし、
気に入ってるんだけど実は重たいんだよね。


缶スプレーなのもあるんだけど、あるヒトの
同じボディと比べたら25グラムも重かった・・・Orz


普通ならたかが25グラムだけどラジコンレーシングカーで
車両重量の1パーセントもクルマの上のほう(ボディだからね)
が重いんだからやっぱ気になる。

蛍光色って重いのです。


というわけでまだ塗ってないボディを前にあれやこれやと
ニューカラーを模索中なのです。


今回は多分「アルビノカラー」(爆)だと思います。


ちなみに同じシューミーカラーでもこんなに変わってるんですよ。


これはまだMRX−3の頃。ステッカー多いなぁ〜
受面のドイツ国旗ラインは真ん中1本。ボディは無限ローラ


MRX4が出た当初。フロントのマルボロラインが小さいです。
受け面のドイツ国旗ラインは左右2本。ボディはプロトフォームローラ。


ドイツ国旗ライン3本になりました。マルボロラインなし。
これは確かね、塗り忘れた(笑)ボディはブリッツローラ。


2005年第1戦の頃。ドイツ国旗ラインは3本。
ボディはプロトフォームローラ。


2005年カラーと呼んでいた奴。マルボロラインがでかくなった。
こっちのほうが角が見やすいので良かった。


サイドのドイツ国旗ラインの上に2本ラインが入った。
受け面のドイツ国旗がない。確か軽量化だったと・・・(汗)


エボルバ2005。京商っぽい&軽量化のためドイツ国旗ラインなし。
手抜きとも言うけど(笑)ボディはプロトローラマイチェン後


2005全日本の関東予選1週間前に出た京商ドームの為に塗った。
真っ白だったからメッキテープでちょっとイタズラ。


全日本用に塗った京商ドーム。ドイツ国旗ライン復活してる。
今のカラーはこれだよ。一番最初の奴と比べると結構印象違うね。


全日本で使ったカワハラアウディ。ドームと同じカラーリング。
やっぱサイドは白ロゴのほうが良いな。なけなしのJPステッカー付!


っていうか振り返るとハチイチボディずいぶんたくさん塗ってんなぁ〜〜

誰かお願いだからラジコンのボディ塗ってくだせぇ、おながいしまつ(w




2006年01月10日(Tue)▲ページの先頭へ
2006BASK初走行(ハチイチ MRX)






ハチイチ新年初走行

2006年のラジコン初走行をおなじみのBASKで行いました。

ホントはもう少しラジコンお休みしてたかったんだけど、神奈川勢&圭亮選手が来るとの情報を得たので予定を繰り上げて走行しました。

BASKに到着したのは11時頃、もう20人近くいたのかな? フルバンドに近い状態でした。ハチイチ多かったな〜コースは金曜日に雪が降ったようですが、路面はどうなんだろ?

★FASTタイヤ初テスト★



最近あまりテストする項目が無かったので、今まで使ったことが無かったFASTタイヤを試すことにしました。FASTタイヤは無限が輸入しているブランドで、京商のPOWERSとかサーパントのELLEGIと同じGRP社のタイヤです。  世界的なシェアは高いようですけど、あまり日本の路面では良い噂を聞かないのですが、やってみないとなんともなんでテストすることにしました。  今回用意したのは前後37です。自分は冬だと固めが好きなんだけど皆はどうなのかな?基準になるのはいつも使っているカワハラのノーマルホイールです、何処でも安定したグリップを発揮してくれます。


★このタイヤいいかも?★

事前に仕入れてた情報だと横のグリップ感が若干薄いとの事でしたが、あまり感じられなかったです。 安定したグリップを発揮してましたし、転がりが良いような印象を受けました。硬度のせいかな?  この日のTOPが13秒4という状況でベストラップは13秒7、13秒台はコンスタントに出てました。


★新年初クラッシュ★

夕方になりハイグリップ路面でのタイムアタック中、新年早々やっちまいました・・・。  ストレートエンドで離陸&縦巻きの結果がこれですわ。鳥居に落雷でもあったんか?(笑)





★ハチイチ番外編★

う〜ん見慣れないエンジンだ、なんだろ(笑)



今年の台風の目ですね! きっとそうだと思う、 ま、ちょと覚悟はしておけ(w

結構な周回をこなしてましたよ!





2005年11月14日(Mon)▲ページの先頭へ
MRX4いよいよ世界戦パーツ販売開始!

MRX4いよいよ世界戦パーツ販売開始!



フタバ模型
の情報によると無限MRX4勢が世界戦&全日本で使用した
前後バルク、ダンパーステー、リアダンパーが発売されるようです。


MRX4リアダンパー&ダンパーステー装着例 ちょっと長いでしょ?


また、いままではサーパント製のブラウンを流用していたクラッチ
シューがイエローとして合わせて発売されるようです。
これで加工しないで済むのでラクですね!

2005年05月11日(Wed)▲ページの先頭へ
MRXのクラッチ







MRX4に限らずクラッチって意外と重要です。
実車F1だとラウンチコントロールがついていますが、MRX4のような
ハチイチの場合似たような役割をクラッチが持っていると考えています。

当初は、トラクションコントロールのようなものだと思っていましたが
実際にはラウンチコントロールだと考えたほうが良いようです。

ただし、「一番は確実に繋がること」です。

確実に繋がってこその過渡特性なので、キンキンとクラッチが滑ってる状態
で走るのはやめましょう。クラッチがあっという間に粉になるだけでなく、
エンジン壊しちゃいますよ!

また、クラッチと燃調もとても密接な関係で、エンジンのパワーの出ていない
ところや甘いところでクラッチをつなぐとモワーッとした感じになります。
逆にクラッチが下で繋がっている為に上記のような症状が出ることもあり燃調が
甘いと思って絞るとエンジンを壊すなんていうこともあります。

また、同じセットのクルマでもクラッチセットによって挙動が大きく変わります。
自分の思うようなクラッチにするのは、とにかくいじり倒すことが重要ですね。

まだ、機会があれば紹介したいと思いますが、最近テストで好調なクラッチなんか
一般的にはありえないセットの類ですが、自分がやりやすいと思うのでそうしています。


有名なtoyレーシング
でもおんなじ様こと言ってますね。自分もいろいろ迷うとここのお世話になってます。



中級者編
クラッチが繋がらない領域の燃調。
高速域からスロットルOFFして減速、再加速する時に燃料が来なかったりする
(カフカフする)ことありませんか?
そんな時はクラッチが繋がらない領域(つまりパーシャルからチョイON)までの
領域で濃くすると減速している時に、濃い燃料がエンジンに送り込まれるので再加速時
にエンジンがついてくるようになります。

この時の調整はスロー反対側の金色スクリューを調整すると良いことが多いです。
ただし最近のNOVAはこのスクリューを廃止しているのでその限りではないですが・・・。
※私は、調子のいいキャブを使いまわすことにしているのでシングルアジャストは使いません。









2005年05月10日(Tue)▲ページの先頭へ
MRX4のセッティング(初級編)







MRX4のセッティング(セット)

MRX4に限らず、ハチイチレーシングカーは調整箇所がそれこそ多岐にわたります。
セットといってもどこから変更すればいいのか悩む方も多いのではないでしょうか?
そこで、参考までにセットの進め方について紹介してみることにします。
ここではシャーシセットアップにスポットを当てていきます。


≪ステップ0≫ちゃんと組めているかチェック!
当たり前のことではありますが、結構きちんと組めてないマシンって多いんですよ!
特にボールピボットが渋かったり、サスアームの動きが悪いなどサスペンションの動きが
きちんとしていないとセットアップ以前にまともに走りませんので注意しましょう。

☆チェックポイント
ダンパーを外した状態でサスはスムーズに動くか?
シャーシが反っていないか?
ドックボーンやカップに極端な磨耗がないか?
スタビの遊びは左右均等か?


≪ステップ1≫セットアップシートを基準に
ちゃんと組めていることが確認できたら、まず基準にあわせましょう。
MRX4のキットには標準セットアップシートが付属しています。
まずは、キッチリとこの状態にしましょう、これが基準になりますので慎重に。
この状態で基本的にはそれほど癖も無く走るはずです。
また、いろいろ変更して訳がわからなくなったらここに戻りましょう。

※1ボディについてはお好みですが、今もっとも一般的なプロトフォームローラを
 基準にするのがいいと思います。
※2スタビについては、セットの都合上オプションのアジャスタブルスタビを装着
 しています。

☆チェックポイント
左右のトレッドは同じであるか?
ステアリングの舵角は左右揃っているか?


≪ステップ2≫タイヤ
タイヤについては、そのサーキットに通っている人に聞くのが一番です。
まずはそのタイヤを試してみて、そこからスタートしましょう。
タイヤは唯一地面と接してるパーツですから一番重要だといっても良いでしょう。
BASKだと前後35ですね。


≪ステップ3≫試走行
いよいよ標準セットアップで走行させますが、ここではタイムよりもどこがやりづらいか
を確認しましょう。例えば、立ち上がりで曲がらないとか、高速コーナーでテールスライド
するとかの症状ですね。やりづらく感じる所が無ければ、セットアップを変更することなんて
要らない訳なんで。(汗

※ここで左右の動きが違う場合はどこかが壊れてます。「0」に戻ってチェックしましょう。


≪ステップ4≫セッティングの基本(初級編)
いよいよセット変更です、順番は下記の通りです。

基本変更項目

0舵角
1リアスタビ
2リアダンパースプリング
3リアダンパー
4リアトー角
5リアスポイラー

簡単でしょ♪しかもリアしか変更しません。
結構変更しやすく、結果が判りやすい箇所ばかりなのでおすすめです。

≪症状;中高速コーナーでのオーバーステア≫

0舵角が大きすぎるのかもしれません、まずは舵角を82%くらいにしてみましょう。
 どうですか? EXPな人はお手手でコントロールできる範囲でも初心者には厳しい
 ことって多いです。
 

1スタビについては、高速コーナーでリアの巻き込みがある(リアのロールオーバー
 が出ている)場合リアスタビを少し立てます。30度刻み位が分かりやすいかな?

 ☆この状態で走らせて良く走る場合、リアスタビを元に戻します。


2リアスプリングを一段上げます。標準ではホワイトがついているはずなので、レッド
 に変更します。

 ☆これでよく走るようならここで固定します。もし、リアが跳ねてしまう場合は・・・。


3ダンパーオイルを700番にします。これでリアがはねる場合、500番にします。

 ☆これで落ち着かない場合は1の状態に戻します。それでもオーバーな場合は


4リアのトー角を増やします。増やしても片側1度までですね。


5この状態でリアのブレイクが起こらない範囲でリアスポイラーを下げていきます。


これで基本的なセットアップが出来てるのではないかと思います。
また基本セットで曲がらない場合、以下の原因が考えられます。

・舵角が足りない。・・・舵角を増やす。
・タイヤがあってない。・・・もうワンランク柔らかいものに変更。
・ボディがあってない。・・・プロトローラならブリッツローラに変更。


ここら辺までの組み合わせでいろいろやってみてセットの重要性を理解しましょう。
上記のポイントは一度決めたら変わらないものではありません、極端な話毎タンク変わる
ものです。


さあレッツセットアップ!







2005年04月21日(Thu)▲ページの先頭へ
2005年モデルNEWカラー完成!


2005年NEWカラー完成しました。視認性向上のためマルボロライン追加してます。







2005年02月26日(Sat)▲ページの先頭へ
MRX4 スタビライザー



この前F1の雑誌を見ていたのですが、フェラーリ2004のフロントスタビライザー
って、ほぼ同様の構造なんですね、驚きました。
違う点は、F1の場合堅さを替えるときはバーの交換が必要ですが、
MRX4の場合は角度を変えると効きが変わります。





MRX4の泣き所part2 ベルトテンショナー



MRX4の数少ないウィークポイント、センターベルトのテンショナーです。
アルミ製のテンショナーベアリングインナーチューブが削れてしまい、削れ粉が
ベアリング内に進入、ベアリングが壊れるトラブルが発生します。
MRX−3のときはラジオプレートに付いていたテンショナーが、ラジオプレートマウント
に移動したせいか振動が出ていると思われます。
余談ですが、聞く所によると、ロールバーもMRX4になってよく折れるようです。
これも振動が多くなった弊害だと思われます。
対策として、京商のVONE RRR用のインナーチューブに替えています。





MRX4の泣き所part1 リヤセンターポスト

いままでフルノーマルで使ってきたMRX4ですが、初めて社外品をつけました。

基本的にクラッシュに強いMRX4ですが、クラッシュするとここがガイドから外れる
ことがあり、レースでは致命傷になる場合があります。これは、ガイドの外側を固定する
ことで外れなくするパーツです。
カトーホビーセンター

センターポストをリヤバルクヘッドに取り付け、センターポストのピンをボディマウントのセンタリングプレートに通します。





公開!MRX4画像!

公開!シャーシの画像です。



基本はノーマルです。
レースの最低重量があるので軽量化はしてません。
むしろバラスト(重り)を積んで左右のスタティックバランスを取っています。

大きさはタバコと比較してね!






2004年09月16日(Thu)▲ページの先頭へ
MRX4シェイクダウン

新車だ新車だ〜〜



先週シェイクダウンテストを行いました。
MRX−3と比較しての感想はMRX4は自由度が高い車だと感じました。
基本的に安定感の高い車ですが、曲げたいセットにしていくと
きちんとそういうセットに来る車ですね。
当たり前のようなお話のようですが、セオリーどおりにセットできる車って
実はそうそうあるものじゃないですよ。

今回のセットポイント
Fトレッド→狭く
トー→アウト多目
Fダンパーピストン→大穴
リアナックルスペーサー→多目

ざっとこんな感じで(笑)曲がる方向性を強く出してみました。




ちなみにボディカラーは「シューマッハ」のヘルメットをイメージしてます。
今回新車に合わせて若干リニューアルしてみました。







1 2    全41件