メンタル&レース戦略 第2話 「走りのイメージ」


カテゴリ
ガンメタ7ワールド
マニアックでディープな世界/一覧 (297)



キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

≪スペシャル≫
トゥインゴな日々
カレッツァ 応援作戦
Driving High
NO ThreeS NO Life
SGB
ブログパーツ

2005年6月
      4
   

新着エントリ
MRX5 (11/8)
BMWZ4の部屋 (12/20)
CLX (11/10)
久しぶりの更新っす (11/10)
スリック路面のテスト (5/20)
CLXシェイクダウンテスト (5/13)
いよいよCLX入手 (5/10)
レース行ってきました (5/10)
ちょwwwこれはwww (5/1)
関東選手権兼全日本関東予選 (4/24)
CLX IN ポルトガル選手権 (4/17)
CLX IN TAIWAN (4/14)
2009年上海金山第3戦 (4/12)
相模湖レジャーフォレスト (4/12)
Silver state 情報 (4/11)
CLX続報C (4/6)
ムゲンカップ第2戦 (4/6)
とうとうオフィシャルサイトにも・・・CLX (3/21)
GS CLX 続報B (3/20)
エンジンならし (3/16)
2009年上海金山第2戦 (2/20)
フューエルガン三兄弟♪ (2/7)
GS CLX 続報A (2/6)
GS CLX 続報 (2/5)
GS STORM CLX 公開 (2/5)
日本へ遠征 (2/4)
面白いものA (1/24)
面白いもの@ (1/22)
松江でバギー (1/19)

新着トラックバック/コメント

リンク
≪ラジコン≫
PRO-SHOP FUTABA
toyracing
リュウノスケRCブログ
RCレース日記
one or eight
Space Time Factory
RC FANS(中国語)

アーカイブ
2004年 (37)
7月 (13)
8月 (9)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (8)
12月 (3)
2005年 (76)
1月 (2)
2月 (14)
3月 (5)
4月 (2)
5月 (4)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (17)
10月 (11)
11月 (8)
12月 (6)
2006年 (109)
1月 (9)
2月 (6)
3月 (14)
4月 (3)
5月 (27)
6月 (5)
7月 (7)
8月 (5)
9月 (4)
10月 (8)
11月 (18)
12月 (3)
2007年 (23)
1月 (8)
2月 (1)
3月 (2)
4月 (1)
5月 (2)
7月 (1)
9月 (1)
10月 (1)
11月 (3)
12月 (3)
2008年 (11)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (1)
9月 (1)
12月 (3)
2009年 (40)
1月 (15)
2月 (6)
3月 (3)
4月 (8)
5月 (5)
11月 (2)
12月 (1)
2010年 (1)
11月 (1)


アクセスカウンタ
今日:81
昨日:511
累計:1,021,916


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2005年06月04日(Sat)
< メンタル&レース戦略 第... | ラジコン(メンタル&レース戦略)/一覧 | メンタル&レース戦略 第... > メンタル&レース戦略 第...
メンタル&レース戦略 第2話 「走りのイメージ」

第2話 「走りのイメージ」

第1話では目標の立て方についてかいてみました。
目標を達成するイメージって付いてますか〜?
目標立てても実現するには大変ッス。


第2話では走りのイメージについて語ります。

ハチイチに限らずラジコンを速く走らしたいと思ったら

「走りのイメージ」

を持つことが大事です。

この走りのイメージって文章とか口に出すのが難しいですね。
なにせ頭の中にしかないことですから。

でもね、

○○選手と同じセットアップにしてるのに走らない(やりずらい)んだよなぁ

なんて事過去にありませんか?
それは「走りのイメージのズレ」からくる違和感なんです。


<1>走りのイメージってなんだろう

まずチョット考えてください。「走りのイメージ」ってありますか?
ない人(^^ は、目をつぶっていつも通ってるコースをイメージしてから
そこにあなたの操縦する「RCカー」が走ってるイメージを重ねてみてね。


ここでコースアウトしちゃう人や、マシンがが走り出さない人や、
そもそも通ってるコースがイメージできないのは「コース」が
頭に入っていないということなんですね。


イメージの世界で走れないコースを実際に速く走れるとは思えないですよね(^^
ゆっくりと確実に「イメージ」のコースを周回してみてください。

よくスポーツ選手がイメージトレーニングを行いますが、それもこんな感じかな?
また、イメージしながら1ラップごとにストップウォッチを押すのもいいです。
タイムがばらつかずに押せるようになれば相当イメージが付いてるはずです。


※イメージについて※
このイメージは操縦台の上から見てるイメージだけじゃないみたいなんですね。
例えば、車のなかから見たようなイメージであったり、もっと高い所から俯瞰する
イメージだったりすることがありますが、でもそれはそれでいいのです。
それがあなたの考えてる理想的な「走りのイメージ」なハズです。

この「走りのイメージ」というのは
頭の中で「こういう風に走りたい」って思う「そのもの」だと思うんですね。

この走りのイメージからくる差がコピーしたセットで感じる違和感の元です。

で、そのイメージにいかに近い走りをするのかってのが「ドライビングスタイル」
ドライビングスタイル通りの走りをするための作業が「セッティング」だと考えると
整理できるかな?

もしそんなこと考えてないって人は一度思い描いてから走ってみてください。
きっと新たな課題、テーマが見つかると思います!






writebacks(0)
トラックバック(trackback)
TrackBack ping me at:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存