2005ハチイチ全日本参戦記10月23日 大会3日目前編


カテゴリ
ガンメタ7ワールド
マニアックでディープな世界/一覧 (297)



キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

≪スペシャル≫
トゥインゴな日々
カレッツァ 応援作戦
Driving High
NO ThreeS NO Life
SGB
ブログパーツ

2005年10月
           
27
         

新着エントリ
MRX5 (11/8)
BMWZ4の部屋 (12/20)
CLX (11/10)
久しぶりの更新っす (11/10)
スリック路面のテスト (5/20)
CLXシェイクダウンテスト (5/13)
いよいよCLX入手 (5/10)
レース行ってきました (5/10)
ちょwwwこれはwww (5/1)
関東選手権兼全日本関東予選 (4/24)
CLX IN ポルトガル選手権 (4/17)
CLX IN TAIWAN (4/14)
2009年上海金山第3戦 (4/12)
相模湖レジャーフォレスト (4/12)
Silver state 情報 (4/11)
CLX続報C (4/6)
ムゲンカップ第2戦 (4/6)
とうとうオフィシャルサイトにも・・・CLX (3/21)
GS CLX 続報B (3/20)
エンジンならし (3/16)
2009年上海金山第2戦 (2/20)
フューエルガン三兄弟♪ (2/7)
GS CLX 続報A (2/6)
GS CLX 続報 (2/5)
GS STORM CLX 公開 (2/5)
日本へ遠征 (2/4)
面白いものA (1/24)
面白いもの@ (1/22)
松江でバギー (1/19)

新着トラックバック/コメント

リンク
≪ラジコン≫
PRO-SHOP FUTABA
toyracing
リュウノスケRCブログ
RCレース日記
one or eight
Space Time Factory
RC FANS(中国語)

アーカイブ
2004年 (37)
7月 (13)
8月 (9)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (8)
12月 (3)
2005年 (76)
1月 (2)
2月 (14)
3月 (5)
4月 (2)
5月 (4)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (17)
10月 (11)
11月 (8)
12月 (6)
2006年 (109)
1月 (9)
2月 (6)
3月 (14)
4月 (3)
5月 (27)
6月 (5)
7月 (7)
8月 (5)
9月 (4)
10月 (8)
11月 (18)
12月 (3)
2007年 (23)
1月 (8)
2月 (1)
3月 (2)
4月 (1)
5月 (2)
7月 (1)
9月 (1)
10月 (1)
11月 (3)
12月 (3)
2008年 (11)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (1)
9月 (1)
12月 (3)
2009年 (40)
1月 (15)
2月 (6)
3月 (3)
4月 (8)
5月 (5)
11月 (2)
12月 (1)
2010年 (1)
11月 (1)


アクセスカウンタ
今日:83
昨日:511
累計:1,021,918


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2005年10月27日(Thu)
< 2005ハチイチ全日本参戦記... < 2005ハチイチ全日本参戦記... | 2005ハチイチ全日本/一覧 | 2005ハチイチ全日本参戦記... >  
2005ハチイチ全日本参戦記10月23日 大会3日目前編

2005ハチイチ全日本参戦記10月23日 大会3日目



いよいよ最終日、決勝レースを下位ファイナルより行っていきます。
エンジンカーの決勝方式は勝ち上がり方式といわれる方法で行われます。

予選順位順に上位2人にグランドファイナルへのシード権与え、3位以降をA組・B組に
順番に振り分けます。各10名ずつのレース結果の上位3人が上位のファイナルに勝ち上が
ることが出来る。

ということは予選3位だった人もセミファイナルレースでの上位3名にならなければ
グランドファイナル(最後の10名での45分レース)に出ることは出来ないんだ。


この日は早めに6時位だったかな? に会場入りする。

クルマは、メンテも完了しているし、決勝前の3分間の完熟走行でセットアップできる
箇所ももう限られている。

最後の微調整(悪あがきとも言うけど)にプロポをいぢり倒してみた。
使用しているプロポは三和のM11なんだけど、いろいろと設定ができるんだ。
エンコンのスロットル側の初期をディレイさせてみたりブレーキ側の動きを変化させて
みたりスロットルサーボの動きにいろいろ手を加えた。

プロポといえば今回ちょっと手を加えてみた。
M11は前作M8より機能は優れてるんだけどちょっと重いんだ。
(300グラムくらいだっけ?)

僕の場合、長時間握っているととても手が痛くなり、最悪はしびれちゃうんだよね。
そこで内臓のバッテリーを延長コードで外に出してポケットに入れてみるスタイルにした。

ちょっとカッコ悪いけどしびれちゃうよりは良いよね〜。
毎朝プロポ預ける時に怪訝そうな顔されたけど・・・(><)




さてファイナルの開始です。

9:20より32分の1ファイナルBが開始となった。
このファイナルには昨日から参加で予選も走っていないドライバーがたくさんいる。
その1人、サーパント960で参加の藤木さんのピットをやることになった。

以前「日本一のVTEQ使い」って言われてたなー、
その後950、そして960にチェンジしてから一段と速くなった気がする。

エンジンカーのピットは重要なんです。速い給油をしなきゃいけないし、マシンを見て
ドライバーが望むキャブセットもしなければならないから。

完熟走行を見る限り路面はかなり悪いようだ。クルマが氷の上を滑るように走っている。
この条件で結果を出さなければならないのは大変だろう。

完熟走行を終え、マシンに問題はない様子。マシンをグリッドに持っていく。
できる限りいいスタートができるよう、グリッドの小石やほこりを掃いてみる。

ランプが消えてスタート!
いいスタートを切ったようで、勝ち上がり圏内を走行していく。RB1号選手はトラブル
の様子クラッチがだめなのか?1周目でピットインしてくる。

5分給油なので4分40秒がすぎ、ピットインを告げようとした時、1コーナーでイン側に接触。
クルマのダメージがあるようですぐにピットイン。車をチェックするが、タイヤ、ギアには
問題がない。すぐ給油をして送りだすがどこかおかしい。そのまま回収すると、Fベルトが
どこかに消えていて2WDになってしまっている。残念ながらここでリタイアとなる。

おそらくコース上の石などの異物を噛んでしまったのだろう・・・
こういうとき、どう声を掛けようか悩んでしまう。

その後、レースを見ることはそこそこに自分のタイヤの準備をする。
路面が悪そうなので、比較的柔らかく、舵の効きやすい組み合わせのタイヤを8分の1
ファイナル用に削る。また路面温度が多少上がり、後半オーバーステアになると予測
する4分の1ファイナル用に固めのタイヤを用意する。

同じ35として売っているものでも触ってみると硬さはちがうし、グリップも若干違う。
普段ならそんなに気にしないけど、一発勝負でいい結果が出るように何が変わっていく
のかを予測していくんだ。

用意ができたあとはコースをながめ、リラックスすることに努める。
ピットをしていただく藤木さんとも打ち合わせして準備万端。


【8分の1ファイナルB】


操縦台にあがるのは予選の結果を元にしたグリッド順だ。
このファイナルではポールなので1番に操縦台に上がり、お気に入りのポジションに陣取る。

完熟走行でタイヤのアタリを出す。セットはいい感じで決まったようだ。

予選でのハーフスピンから何かが変わった気がする。まったく緊張感がない。
いや、緊張感はあるんだけど起こることが、全て予測できる気がする。
メンタル&レース戦略に書いたスタートについての記事を思い起こしながらグリッドにつく。


10分間のレーススタート、きれいなスタートを切った。
2番手には古仲選手が順当についている、2台で3位以降を引き離していく。
3分過ぎ、古仲選手のペースが上がってくる、あわせてすこしペースを上げる。

スタートから4分50秒ピットから給油の声が掛かり、タイムロスをしないようにPITに
入れる。ピットを出たとき古仲選手が前に出たが痛恨のエンスト。
相当タイムをロスしてしまったようだ。

あとは淡々と5分走るだけ。
マシンを傷めないように、エンジンを傷めないように考えながらだけど、速いラインを
探してラインにマシンを乗せていく。

ゴールの合図、無事このファイナルを1位で勝ち上がることが出来た。
次は4分の1ファイナルB、今回みたいな展開にはならないだろう。
車検を無事に通過したマシンをチェック、エンジンもちょうどいい燃調のようだ。

【4分の1ファイナルB】


このファイナルはとても強豪が多い・・・Orz

北澤、道塚、奥村、中村、道上、横山、高安 各選手

ワークスやBASK&ケイチューンのEXPや実車GT500のドライバーまでいるよぅ・・・。
どおやっても、まともにレースやったら勝てないよ・・・。

でも昨日考えた作戦を思い出し、前半から攻めていこうと思った。

つづく