2006MUGEN SEIKI CUP IN KOREA

メイン&最新情報
カテゴリ
ガンメタ7ワールド
マニアックでディープな世界/一覧 (297)



キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

≪スペシャル≫
トゥインゴな日々
カレッツァ 応援作戦
Driving High
NO ThreeS NO Life
SGB
ブログパーツ

2017年6月
       
26 27 28 29 30  

新着エントリ
MRX5 (11/8)
BMWZ4の部屋 (12/20)
CLX (11/10)
久しぶりの更新っす (11/10)
スリック路面のテスト (5/20)
CLXシェイクダウンテスト (5/13)
いよいよCLX入手 (5/10)
レース行ってきました (5/10)
ちょwwwこれはwww (5/1)
関東選手権兼全日本関東予選 (4/24)
CLX IN ポルトガル選手権 (4/17)
CLX IN TAIWAN (4/14)
2009年上海金山第3戦 (4/12)
相模湖レジャーフォレスト (4/12)
Silver state 情報 (4/11)
CLX続報C (4/6)
ムゲンカップ第2戦 (4/6)
とうとうオフィシャルサイトにも・・・CLX (3/21)
GS CLX 続報B (3/20)
エンジンならし (3/16)
2009年上海金山第2戦 (2/20)
フューエルガン三兄弟♪ (2/7)
GS CLX 続報A (2/6)
GS CLX 続報 (2/5)
GS STORM CLX 公開 (2/5)
日本へ遠征 (2/4)
面白いものA (1/24)
面白いもの@ (1/22)
松江でバギー (1/19)

新着トラックバック/コメント

リンク
≪ラジコン≫
PRO-SHOP FUTABA
toyracing
リュウノスケRCブログ
RCレース日記
one or eight
Space Time Factory
RC FANS(中国語)

アーカイブ
2004年 (37)
7月 (13)
8月 (9)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (8)
12月 (3)
2005年 (76)
1月 (2)
2月 (14)
3月 (5)
4月 (2)
5月 (4)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (17)
10月 (11)
11月 (8)
12月 (6)
2006年 (109)
1月 (9)
2月 (6)
3月 (14)
4月 (3)
5月 (27)
6月 (5)
7月 (7)
8月 (5)
9月 (4)
10月 (8)
11月 (18)
12月 (3)
2007年 (23)
1月 (8)
2月 (1)
3月 (2)
4月 (1)
5月 (2)
7月 (1)
9月 (1)
10月 (1)
11月 (3)
12月 (3)
2008年 (11)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (1)
9月 (1)
12月 (3)
2009年 (40)
1月 (15)
2月 (6)
3月 (3)
4月 (8)
5月 (5)
11月 (2)
12月 (1)
2010年 (1)
11月 (1)


アクセスカウンタ
今日:7
昨日:146
累計:985,743


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2006年05月22日(Mon)▲ページの先頭へ
2006 MUGENSEIKI ASIAN CUP IN KOREA 5

2006 MUGENSEIKI ASIAN CUP IN KOREA 5


大阪選手を囲んでのディスカッション。
ワールドチャンピオンらしい厳しい意見がビシビシと(^^


さて決勝です。



決勝前にセットを替えた。
いままではとにかくすべてを曲がる方向に振って来たものを
少し安定に振ったんだ。
今までの経験から適切で強い曲がりを得るのはぶっつけでは難しいから。
曲がるものを曲がらなくするのはそんなに難しくないけど。

とにかく曲がりすぎなほど曲がる今の状態では、
30分間コントロールする自信がなかった。



お昼ののAメイン練習走行ではエンジンもかなりいい感じだった。


決勝前に3人でどうスタートするか決めた。
とりあえず僕の仕事はミサイル君を食い止める壁になること。



決勝前の練習走行、エンジンがかからない。
かかってもなんかエンジンがおかしい(TT)
気温が上がったせいかな、ちょっとヒート気味で
少しニードルを戻してもらった。

いよいよスタートとなったんだけど、2番手高校生と4番手チェッコリー選手
にトラブル発生!
高校生はエンジンがおかしいようで、チェッコリーはベルトがなめたらしい。

結局2番4番グリッド不在のまま、実質日本チーム123でスタート!!

一斉に綺麗なスタートを切って1コーナークリア!!



2コーナー進入でToy選手が少し遅れる、ここで追突しないようにしながら

最初のお仕事、後からのミサイルを2発程食い止める(^^

2コーナー出口

前の2台がアクセル開けるまでパーシャルで待つ。
もう一発ミサイルを食い止める(^^

う〜ん職人芸♪ とりあえずお仕事終了!
さ〜て自分のレースをすることにします。

順位はそのまま3番手、前はToy選手だけどペースが上がらない??
と思ってたら3周くらいでペースを上げて走り去っていった(笑)
あとは独走でトコトコ3位を走る。

そろそろ5分かなというストレートでエンジンが廻らない!!
どうやら燃費が厳しいらしい・・・幸い次の周にPITのコール!!

あいかわらず3位を独走で走る。
すごい勢いでチェッコリー選手が迫ってくる。

「もうベルト直したんだ速いな〜でも周遅れだから前に行ってもらお〜」

とさっさと譲る。

そしたらアナウンスでチェッコリー選手3番手って言ってる。
ちなみに英語と韓国語でね。

「なんでだよ!!(−−メ 」

レース後にその理由がわかった。
ベルトが切れたと分かったとたん、レースが終わったチーム員のクルマを
借りてスグにピットスタートしたらしい(@@)

むむむ、すばらすぃチームプレー!!

なんて感心してる場合じゃない、とっとと追いかける!



そうしたらね・・・


ガス欠&プラグ切れ Orz

8TGFがそれはもうブッつりと落ちてました(TT)

回収してもらい復帰した時には既に遅し・・・

その後淡々と走りゴール!!結果6位でゴールしました。



ハチイチTOPは圭亮選手、2位Toy選手、3位チェッコリー選手




ツーリングTOPがチャーリー選手、2位チェッコリー選手、3位飯田選手



おまけ

飯田選手と仲良くなったエミール選手
陽気なマレーシアンでとっても面白かった♪
マレーシアは2回ほどF1見に行ったことあるから
なんか僕的にはとっても近い国だ。


まあ、中級ドライバーの初海外レースだと思えば
いい結果だったんじゃないかな?
きちんと練習からレースまで組み立てられたしね。


最後にこのような機会を与えていただいた

・無限精機様、

有形無形のご支援をしていただいた

・フタバ模型様

には本当に感謝しています、ありがとうございました。

2006 MUGENSEIKI ASIAN CUP IN KOREA 4

2006 MUGENSEIKI ASIAN CUP IN KOREA 4



予選二日目

前のチェッコリー選手との差は1秒、縮められないことはない。
絶対20周に入れてやる〜〜(@@)とか柄にも無くカツってたよぉ♪
でも表面上は平常心を装ってたんだけど、圭亮選手には見透かされてたみたい。



予選4回目

予選が始まると、なぜかノーコンに苦しめられた。
昨日までは出てなかったんだけど、操縦台正面奥で勝手に車が走ってく〜(泣)

勝手に走ってグリップの悪い所に行っちゃって、巻いてフェンスに「ゴ〜ン〜」

そこのフェンスが金属で出来てて、恥ずかしいくらいの良い音がするんだ・・・
マーシャルの人はビックリして飛び退いてた。。。ゴメンネ〜


事故現場はこんな感じ。
矢印のとおりに来て巻いてフェンスにゴ〜〜ン(泣)

予選5回目

またまたノーコン(--メ

どうやら特定の人(プロポ)の隣がダメみたい・・・

だと分かったのは、5ヒート目が終わったときだった。

今日は昨日ほどグリップが良くないみたいで、順位は一つ下がっただけ。
昨日は居なかった韓国の高校生Nam選手だ!いきなり速くて2番手だ。
ツーリングの走りにはエキパオーラが出てた。
でも、まだまだ経験が浅いような気がした。将来は・・・きっと怖いね。


この子がちょっぱや高校生〜〜

toy選手は2周目でクラッシュしてしまった。練習走行では今までで
一番良い動きをしてただけに残念!本人曰く「前向きな事故だったみたい」
クルマはスペシャルナックルが壊れてしまってユニバが縄跳びしてた。

予選6回目

いよいよ最後の予選だ〜
ここでみんなに公言した。

「20周入れるOR全損の勢いで行くっ!」

始まると車は悪くないみたい。ノーコンも立ち位置変えて収まった。
イケイケで走ったんだけど、グリップが少し薄いみたい。
結果19周7秒くらいの中途半端な結果でどちらの目標も達成できずOrz



ハチイチの結果は以下のとおりです。



ツーリングの結果は下記のとおりです。


無事日本チームは全員Aメイン確定です、明日は決勝だ〜



2006年05月19日(Fri)▲ページの先頭へ
2006 MUGENSEIKI ASIAN CUP IN KOREA 3

2006 MUGENSEIKI ASIAN CUP IN KOREA3

いよいよ予選です。

予選の組み分けは最終ヒートが各国を1位通過してきた人が集まってたよ。
参加国は韓国、台湾、タイ、マレーシア、シンガポール、インドネシア、香港、日本です。



ガンメタは5ヒート中の4ヒート目で、圭亮選手とtoy選手は最終5ヒート目になった。
この予選の上位7台がAメインシードになるので、なんとか7位以内には居たいとこだ。



予選1日目

予選一回目、
とりあえずって感じで走行だけど、後続のクルマを抜くことが出来ない〜(TT)
それでも5番手に居た気がする・・・でも前の圭亮&toy選手ははるか前に・・・。
やばい、なんとか抜く方法を考えなきゃ〜
ベストラップは15秒7位だった。



予選二回目
今度は2分くらい走ると黄色い車が4台も前で入り乱れてる〜〜
1台交わした所で接触・・・10秒位損してしまった。。。
ベストラップは15秒6位だった。


このクルマは「SMPスライド」はじめて見た〜(@@)
ドライバーはSMPの社長さんだったみたい。

予選三回目
ここで何とかしないとまずいので、慎重に走る。
途中2回くらい引っかかったけど19周の3秒で4位に浮上〜
ベストラップも15秒4といい感じで走れてる。


なんかアットホームなピット。
真田さんもいつもテストとかで見るよりリラックスしてたみたいで
僕なんかにもいろいろとお話していただいたよ〜♪



予選一日目は

1福田圭亮選手(JAPAN)
2toy 選手(JAPAN)
3チェッコリー選手(KOREA)
4ガンメタ
5王選手(KOREA)

と好位置で終えられた。

ツーリングは
飯田選手が暫定PP獲得♪ 2位はチェッコリー選手。

実はこの二人2週間前にBOSSのkawaharacupで
壮絶な2位争いのバトルを展開してたんですね〜
国境を越えても、また激しいバトルをしちゃってます(笑)

明日は予選二日目、ここまで来ると日本123とか狙いたくなってくるね♪


運営をしていただいた無限の皆さんとパクさん。
吉岡さんに逃げられて半身になっちゃってます。

2006年05月17日(Wed)▲ページの先頭へ
2006 MUGENSEIKI ASIAN CUP IN KOREA 2

2006 MUGENSEIKI ASIAN CUP IN KOREA 2

5月10日 水曜日

深夜は雨が降ったみたいだけど、起きたら雨がやんでた♪
でも7時半くらいから雨が振ってきた(TT)



でもとりあえずコースに向かう。
コースは雨のせいで日本チーム以外は誰も居なかった。

とりあえずテントの下でタイヤを削ることにした。
今回は無限精機さんのご好意でタイヤを使わせてもらいました。

用意されてたのは
前が 37度 10セット 35度 5セット
後が 37度 15セット 35度 5セット くらいだったかな?

おそらくメインが前35度 後37度 になるので
2日間の練習、2日間の予選、決勝と計画的に使わないと足りない。
とりあえず前35度全部と37度を3セット、後37度を8セット削った。



削り終わってもまだまだ雨が降ってる・・・。
削るのに集中してたら、なんだかGRPグッズの山が出来てた(@@)


犯人は・・・


無限ワックスのこの人だ〜〜



そんな感じでグダグダしてると雨もやんで3時くらいには走れるようになった。
路面は乾いたけど、ホコリと花粉が路面を支配してる感じ。




ふだんならそんな状態なら走行しないけど、初コースで2日でセットを詰めなきゃ
いけないので早速走行開始!

今回の韓国行きに際しボディは、京商とKAWAHARAを用意してたんだけど
直前に出たブリッツ(タイタン製)のローラも追加して、計3枚もって行ったんだけど

ここでイベント発生

大阪選手に

「このタイタンボディって幅大丈夫?」ってきかれて

口紙にJMRCA&IFMAR対応って書いてあったから

「大丈夫ですよぉ♪」 って自信満々に答えたんだけど

大阪選手が計ってみたら なんと274ミリもある〜(--メ)

なんかこの辺から大阪選手に弄られはじめた気が(笑)


路面はグリップしないので、ゆっくりゆっくりと走行をはじめる。
タイヤは前後37度で様子を見ながらね。

はじめノーコンが出たけど、受信機変えたら直って一安心。

しばらく走行させるとセットに不満も出てくる。
単純に言うと曲がんない。鋭い曲がりが欲しくなってくる。

とりあえずのBOSSセットからバネをグレーに替えたり、
サスマウントを5.5ミリにしたり、ステアリングセーバーを
スーパーAにしたりしながら様子を見る。

スーパーAはすごいよく効いたんだけど、初期があるので
かなりクルマがきょろきょろに。
で、探りながら走るんだけど、ストレートでもきょろきょろ。
たまに進入でミスるとバックするかスピンしちゃう・・・

それを見てた大坂選手に

「逆噴射」ってあだ名をつけられちゃった(笑)


toy選手はというと

コーナーでアウト・ミドル・インぽい走りをしてたら、

「コーナーリングが奥まってるよぉ♪」

って言われてたっけ。
要はコースの特性を理解してベストなラインを早く見つけなさい
ってことなんだろうな〜

大阪選手がそのあとtoy選手のクルマで走ったけど、
3周目くらいからはすごい勢いで走ってた。
やっぱ世界チャンプはスゲェ〜よ。



明けて木曜日は朝から晴れてた。
昨日同様でセット出しと並行してボディの比較、
2台のエンジンのピーク出しを進めていった。
限られた35タイヤのアタリをとりながらね。


いろいろあったけど,まあいい感じで進んでた。
感触的には、5〜6番手は行けるかな〜なんてね。

PITをやっていた飯田選手のGPTはとてもいい感じで走ってたよ。
飯田選手は去年は3つも全日本のAファイナルを走ったドライバーで
すぐにベストなラインを見つけ出す才能があるらしい。
なんの問題もなければ間違いなくPP争いに絡むんだろうなぁ〜



明日からはいよいよ予選です。


2006 MUGENSEIKI ASIAN CUP IN KOREA 1

2006 MUGENSEIKI ASIAN CUP IN KOREA

ひょんなことから韓国は水原(SUWON)で行われた無限カップに出場してきました。


5月9日

成田から約2時間半のフライトで一路ソウル(仁川空港)へ


途中富士山が見えたよ♪やっぱ日本人は富士山だね〜


空港で荷物が出てきたら変なタグがつけられてる人も(笑)


空港から約1時間半程バスに揺られて水原のホテルに着いた。


なんでも元サムスンの社宅だったみたいででかいし改装したばっかりで綺麗♪


6時頃からまずはクルマで15分くらいの所にあるサーキットを見に行った。
送迎はなんとRAMVANだった!多分92モデル位のコンバージョンだね。




サーキットのレイアウトはWEBで見てたけど、思ってたより横に大きかった。
で、さっそく路面の状態とか、縁石の高さとかをみる為にコースを歩いてみた。
路面はいわゆる細粒路面で、縁石は乗っても大丈夫な高さだったなぁ。





でも問題はコレ、このコース真中が一番高くて外側に向かって傾斜がついてるんだけど
外側の部分に土やら花粉がたまってる!

さっそく大阪選手が運営側にアドバイスしたら、ホースで路面を綺麗にしてくれた。
やっぱり世界チャンピオンの意見は絶対なんだと思った。



とりあえず今日は走らせないけど、明日は予想通りBOSS仕様のセットで
走ってみることに決めた。操縦台の上からどこを走るかイメージしながらね。

明日は朝から走りたいけど雨の予報。なんとか一周でもいいから走りたい。

2006年05月14日(Sun)▲ページの先頭へ
韓国六日目

朝は写真撮影から
どうやらこのレースインターネットでライブ中継されてるみたい アドレスは無限の掲示板に書いてあるらしいよ♪

韓国五日目

予選結果
ポールは圭亮君、地元高校生が二番手、三番遠井君、四番地元チェッコリー、五番ガンメタ以下七位までがAメインシードでーす\(^O^)/

韓国五日目

予選結果ツーリング
ポールは地元高校生が!(◎-◎;) 飯田さんは二番手ー

2006年05月13日(Sat)▲ページの先頭へ
韓国四日目

予選一日目ハチイチ

韓国四日目

予選一日目ツーリング

2006年05月12日(Fri)▲ページの先頭へ
韓国四日目

開会式

韓国四日目

今日から予選です
写真はきなこみたいな黄砂だ! こいつが路面を支配してる感じ(T_T)

2006年05月11日(Thu)▲ページの先頭へ
韓国三日目

イケてた飯田さんと奥まってた遠井君

韓国三日目

道塚さんと、勝大君のそっくりさん

韓国三日目

昨日は走らなかった圭亮君が朝一番で走行ーイイカンジみたい



2006年05月10日(Wed)▲ページの先頭へ
韓国二日目

昨夜からの雨で今だ走れなーい(−_−メ)
だからタイヤを切りまくったよん
ジッポは某ワークスにGRP仕様にされちゃいました・・・



2006年05月09日(Tue)▲ページの先頭へ
韓国初日

三時頃韓国に到着♪入国審査に一時間、ホテルまで一時間、六時にコースを見にきたよー こっちは八時まで明るいんだね。 いまは現地との意見の相違でまちぼうけ・・・(◎-◎;)